ちょっと叫ばせてもらいますよ

ここは「王様の耳はロバの耳」と叫ぶ穴です。
独り言なんですけど、第三者にも聞けるってね♪うまい。座布団1枚。
今日は自分自身で処理しきれなかった澱(よど)を放り込みます。
ニヤニヤするなり、酒の肴にするなり、好きにしてください・・・
私はこのあと、梅酒かっくらいます。

1週間帰省してました。
これは大阪に帰る高速バスの中でのお話のこと。

私の前に座ってた女二人組がうるさかったんですよ。
(といっても高速バスの中では会話するな、なんて法律はありませんがねww)

んで、はじめはその程度(うるせーなこいつら)にしか思ってなかったんです。
30分後、片方の顔が見えたんですが
どうにも(Bと呼びます)が高校の時同じクラスだった子にすっごい似てましてね。
あれ、こいつBじゃね?と思ったわけですよ。

じゃあ、その隣(A)は誰なんだろうな・・・?とか思ってたわけなんですけど。
話聞いてると、出てきた人名が(C,D,E)どうにもA、Bと仲良しグループだった子たちと
同じ名前でしてね。(Bであると前提したら、で考えてたら思い出しました。)
ついでに言うと成人式の話題を出しているあたり私と同い年なのも確定。
他にも彼女を特定する情報らしきものがちらほら。
消去法でAの正体を推測した結果を発表します。

おそらく、昔惚れちゃってた娘。
Aの顔を直接見る機会はなかったので確定できませんでしたけどね。
どうも聞こえてきた話によるとお友達と大阪に遊びに来たっぽい。

どうやら、私には気付いてないようなのでほっときました。
気付いたら今までみたいにお友達との会話も楽しめないでしょうし、
そっちのほうが好都合ってもんです。
でも、今度こそ二度と姿見ることないんだろうなあ。別人ならそれでよし。

とまあ、これだけなら日記に書かれずに私の一日が終わってたわけなんですがね。
日記に書いてるってことはこんだけじゃないんすよ。

何でか知らないがバス降りるまで腹が痛くなったり、心臓にキタり、落ち着かなくてですね。
下宿につくと軽い虚脱感に襲われたりしてですね。なんででしょうね。これが若さですか。

声かけてたらどうなったのかなと考えましたが、どうでもいいって結論になりました。

好きかと聞かれると好きだなと答えます。
お手手つないで一緒に歩きたいかと聞かれると・・・うーん?て感じです。

たぶん、今後誰かに惚れてもこの質問の答えは変わらないと思うです。
変わるようなら本気ってことなんですかね?
この温度差だと(誰とお付き合いしても)うまくいく気がしませんね。
二つ目の質問に即答でうんと言う人が世間一般の女性に求められる男性の姿だと思ってますし。
(私の場合の)終わりの見えてる二人三脚したいとは思わないです。

と結論が出ているにもかかわらず頭の中になんか違和感がある。
この違和感は今晩、私を睡眠不足に陥らせるでしょう(悶々として)
たぶん、今回の澱はこれ(違和感)でしょうね。
私もまたナマモノ(生き物)ってことなんでしょうよ。
さて、梅酒だ梅酒。

追記:
降りるときに前の席を見た。
二人の座っていた席のフック部分にコンビニの
ビニール袋が引っかかったままだった・・・



そう、おぬしだおぬし。
どうおもう?
しょせんネット。よはしょうじきなかんそうがききたいのじゃ。
[PR]

  by nagisa_hp | 2009-03-13 22:21 | リアル日記

<< ちょっと暗い話。 逃避してました。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE